指を熊手にして、ゴシゴシ頭をかいた

 由三は炉辺でドザ[#「ドザ」に傍点]を刺していた姉の肱をひいた。「馬鹿ッ!」 姉はギクッとして、縫物をもったまま指を口に持って行って吸った。「馬鹿ッ! 針ば手さ刺した!」 由三は首を縮めて、姉の顔を見た。――「な、姉、この犬どうなるんだ?」「姉なんか分らない。」「よオ――」「うるさい!」「よオ――たら!――んだら、悪戯《いたずら》するど!」 健は炉辺に大きく安坐をかいて坐った。指を熊手にして、ゴシゴシ頭をかいた。 家の中は、長い間の焚火のために、天井と云わず、羽目板と云わず、ニヤニヤと黒光りに光っていた。天井に渡してある梁《はり》や丸太からは、長い煤が幾つも下っていて、それが下からの焚火の火勢や風で揺れた。――ランプは真中に一つだけ釣ってある。ランプの丸い影が天井の裸の梁木に光の輪をうつした。ランプが動く度に、その影がユラユラと揺れた。誰かがランプの側を通ると、障子のサン[#「サン」に傍点]で歪んだ黒い影が、大きく窓を横切った。ランプは始終ジイジイと音をさせて、油を吸い上げた。時々明るくなったかと思うと、吸取紙にでも吸われるように、すウと暗くなった。「さっきな、阿部さんと伴さん来てたど。」「ン――何んしに?」「なア、兄《あん》ちゃ、犬ど狼どどっち強《つ》えんだ。――犬だな。」「道路のごとでな。今年も村費が出ねんだとよ。」「今年もか――何んのための村費道路[#「村費道路」に傍点]だんだ。馬鹿にする。又秋、米ば運ぶに大した費用《いり》だ……。」「兄ちゃ、犬の方強えでアな!」「んで、どうするッて?」

— posted by id at 10:49 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1673 sec.

http://vitre-express.com/