模範青年

     模範青年

「見れ、武田の野郎、赤い徽章ば胸さつけて、得意になって、やってる、やってる!」 七之助が演壇の方を顎でしゃくった。――阿部はだまって笑っていた。「な、健ちゃ、青年同盟だ、相互扶助会だなんて云えば、奇妙にあのガキガキの武田と女たらしの、ニヤケ連中が赤い徽章ばつけて、走って歩くから面白いんでないか。――健ちゃみだいた模範青年やるとええにな。」 健はひょいと暗い顔をした。「笑談だ、笑談だ! ハハハハハハ。」 ――健は役場から模範青年として、表彰されていた。その頃は、まだ丈夫だった父親が「表彰状」をもって、どうしていいか自分でも分らず、家のなかをウロウロしたことを覚えている。――健も自分の努力が報いられたと思い、嬉しかった。 ところが一寸《ちょっと》経って、健と小学校が一緒だった町役場に出ている友達が、健に云った。――近頃農村青年がともすれば「過激な」考えに侵され勝ちで、土地を何百町歩も持っている地主は困りきっている。丁度村に来ていた岸野と吉岡が、町役場で、そんなことで相談したのを給仕のその友達が聞いたのだった。「表彰でもして、――情の方から抑えつけて、喜んで働かして置かないと、飛んでもなくなる。」吉岡がそう云った。「少し張り込んで、金箔を塗った立派な表彰状を出してさ、授与式をワザと面倒臭く、おごそかにすれば、もう彼奴等土百姓はわけもなくころり[#「ころり」に傍点]さ。」――そう云ったのが岸野だと云うのだった。 ――まさか※[#感嘆符疑問符、1-8-78]

— posted by id at 10:54 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0360 sec.

http://vitre-express.com/