「佐々爺」

     「佐々爺」

 こういう会があると、「一杯」にありつける。何時でも、それだけが目当でくる酒好きな、東三線北四号の「佐々爺」がブツブツこぼした。「糞も面白ぐねえ。――早く出したら、どうだべ。」「んだよ、んだよ、な、佐々爺。」――七之助が面白がった。「飽き飽きするでえ!」 佐々爺は何時でも冷酒を、縁のかけた汁椀についで、「なんばん」の乾《ほ》したのを噛り、噛り飲んだ。――それが一番の好物で、酔うと渋い案外透る声で、猥らな唄の所々だけを歌いながら、真直ぐな基線道路をフラフラ帰って行った。――佐々爺が寄ると、何処の家でも酒を出した。酒が生憎なかったりすると、佐々爺は子供のように、アリアリと失望を顔に表わして頼りなげに肩を振って帰って行った。 佐々爺は晩出たきり、朝迄帰らない時がある。酔払って、田の中に腐った棒杭のように埋ったきり眠っていた。探しに行ったものが揺り起しても、いい気に眠っていた。「女郎の蒲団さもぐり込んだえんた顔してやがる!」 ところが、佐々爺は村一番の「政治通」だった。「東京朝日」「北海タイムス」を取っているものは、市街地をのぞくと、佐々爺だけで、浜口、田中、床次、鳩山などを、自分の隣りの人のことよりも、よく知っていた。今度床次がどうする、すると田中がこうする。――分った事のように云って歩く。自分では政友会だった。 阿部に「爺さんは、どうして政友会かな?」と、きかれて、「何んてたッて政友会だべよ。政友会さ。百姓にゃ政友会さ。景気が直るし、仕事が殖えるしな。」と云った。「この会、政友会さ肩もつッてたら、うんと爺ちゃ応援すべな。」 七之助がひやかした。「政友会ば?――んだら、勿論、大いにやるさ。勿論!」

— posted by id at 10:55 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1832 sec.

http://vitre-express.com/